Kaoru Ishiyama 

Integrative Psychotherapist  

07733 992332

info@kishiyama.co.uk  

石山 薫 - インテグレテリブ・サイコ セラピスト・カウンセラー

Home

石山薫は、イギリス、ロンドンにて心理セラピー・カウンセリングの資格、登録(UKCP)をしている日本人サイコセラピスト・カウンセラーです。現在、 East Finchley (N2), Fleet Street (WC2A) にてサイコセラピー・カウンセリングを行なっております。
 

サ イコセラピー・カウンセリン グin London:

サイコセラピー、カウンセリング(以下カウンセリングまたはセッション)とは一言で簡単に説明しにくい単語です。シンプルに表現してみ ると「心のサポート」。
そして、サイコセラピスト・カウンセラー(以下、カウンセラー)は話を聞 く訓練、実績を積んだ「話を聞くエキスパート」の表現に近いと思います。

カウンセリングでは、相談者(以下、クライアント)の気持ちを尊重しながら、クライアント自身の 考え方、行動、無意識(自動的)に感じる気持ちに目を向け、時には向き合い難い気持ちと向き合う事で、今まで意識しなかった気持ちや行動に気づき、認識 し、受け止め・受け入れることにより、気持ちのバランス、新しい発見、解決を見つけることを目指して取り組んでいます。また、このプロセス によ り、より深い自己意識を高め、「自分らしく生きる」また「過ごしやすい生活」を得られるようサポートしています。
カウンセラーとして、クラ イアントが今抱えている悩み、心配事、葛藤、また気持ちの整理がつかない事などを心から安心して話せる事が出来る場所を心がけています。

カウンセリングでは、アドバイスや解決方法を具体的に伝えたり、一方的に与えるのではなく、クライアン トと一緒にどんな解決策や対応策、またどのように対応して行きたいのか、他の選択があるのかを見つめ「心のサポート」を提供しております。セッションでは 話す事だけではなく、時には絵を描 いたり、イメージなども使い言葉では表現できない気持ちを表現できるよう行っています。  

カウンセリングの療法は、インテグレティブを重視に心理療法を(介入療法)を行っております。インテグレティブとは、 様々な療法や論理を取り入れ、個人の「mind(思考), emotion(感情) and body(体) as whole(一体・全体)」の繋がりを大切なカウンセリングのべースとし、相談者一人一人に合ったカウンセリングを行っています。。

今まで接してきた主な相談内容:


カウンセリングの期間、回数は、クライアント、個人個人の希望や、相談内容、今おかれている状況、経済面などにより異なりますが、長期 療法を 主に行なっています。短期療法はクライアントと合意の上で、初回~15回を目安に行っています。 クライアントの中には、1回目のカウンセリングで楽に なったなどの感想をもたれますが、通常 短期間でも3回以上のカウンセリングを目安に、週1回のペースで行っております。カウンセリングの回数を重ねるこ とによ り、より大きな気づき、判断力、解決力を得られ る為です。

英語でのカウンセリングも行なっております。

portrait







"Every wall is a door"
by Ralph Waldo Emerson